COLUMN

ストールの先を尖らした巻き方について

ストールの先を尖らした巻き方

ストールを巻く際、幾つかのパターンがありますが、同じ巻き方でもストールの先を尖らすか尖らさないかによって見え方はだいぶ異なります。分かりやすく言うとストールの先を三角形のようにするか四角形のようにするかです。

ストールの先を尖らした巻き方

ストールの先を尖らした(三角形にした)巻き方

ストールの先を整えた巻き方

ストールの先を整えた(四角形にした)巻き方

それぞれの見え方の印象としては、先を三角形にすると、スタイリッシュでこなれた印象になり、四角形にすると真面目な感じやキッチリとした印象になります。合わせる洋服にもよりますが、大概の場合は、ストールの先を尖らすようにして使用するのがオススメです。

ストールの先を尖らす方法

肝心なやり方ですが、これはとても簡単でストールの両端を対角線上になるように、角を持ち巻くだけです。

ストールの先を整えた巻き方

丸印が付いているところを持ったまま巻くことで、ストールの先を尖らすことができます。

先を尖らした巻き方ができないストール

ストールの種類によっては、この巻き方ができないモノもあります。それは、マフラーのような厚手生地で幅の細いストールです。そのようなストールは、両端を対角線上で持ち、巻いても先が尖っているようにあまり見えないため、スタイリッシュな印象にするのが難しくなります。
また、ストールの先に4cm以上のフリンジのついたデザインのモノは、先を尖らすようにして巻くのにあまり適していないため、この巻き方をする際は、ストールのフリンジが切りっぱなしデザインのモノを使うようにしましょう。