COLUMN

誰でも簡単にできる、ストールのコーディネート方法について

誰でも簡単にできるストールのコーディネート方法

ストールをコーディネートに取り入れる際に気をつけておきたい3つのポイントを教えます。
その3つとは、

・同系色でまとめる
・時期にあった素材のストールを使う
・やりたい巻き方を把握した上でストールの長さを決める

になります。

同系色でまとめる

同系色とは、読んで字のごとく、同じ系統の色を指します。例えばネイビーのコートであれば、ダークネイビー、ネイビー、ブルー、ライトブルーといった具合になります。

コートとストールのコーディネート

ネイビーのコートにブルーのストールでコーディネート

このように、ストールと洋服の色を合わせることで、ストールだけが浮いてしまうことが少なく、コーディネートに馴染みやすいため、ストールのコーディネートに慣れていない方には是非ともオススメです。(トップスやアウターなど上半身に着る洋服とストールの色を揃えるのがイチオシです。)

デニムジャケットとストールのコーディネート

ブルーのデニムジャケットにネイビーのストールでコーディネート

また、コーディネート全体で使用する色数を3色以内にし、ストールの色をアウターもしくはパンツなど、コーディネートで使用しているアイテムと一緒にすると、品のある雰囲気に着こなせます。

グレーのスーツとネイビーのストールのコーディネート

グレー、ブラック、ネイビーの3色を使用したコーディネート

ダークグレーのスーツとキャメルカラーのストール

ダークグレー、ブラック、キャメルの3色を使用したコーディネート

グレーのジーンズとグレーのストールでコーディネート

グレー、ホワイト、ブラックの3色を使用したコーディネート

中でも、ブラウンとベージュ、グレーとブラック、ブラックとキャメル、ネイビーとブラウンといった2色使いはデートなどにも最適な色合わせなので、コーディネートに慣れていない方は、これら2色だけで全身コーディネートしてみてはいかがでしょう。カジュアルな雰囲気になりがちなレザーブルゾンも品良く見せることができます。また、トーンは暗めにした方がより一層、大人っぽくなります。

グレーとブラックの2色のみを使用したストールコーディネート

グレーとブラックの2色のみを使用したコーディネート

時期にあった素材のストールを使う

ストールは形がどれも似ているため、1本持っていればオールシーズン使えるとお考えの方もいらっしゃると思いますが、実はその時期にあった素材感のモノをコーディネートに取り入れていないと、チグハグな印象になってしまうので注意が必要です。ストールの種類は大きく分けて2種類、春夏用と秋冬用。春夏用のストールには通気性があり、透け感のある薄手で作られているのが特徴的で、表面はサラサラしていたりします。逆に、秋冬用のストールでは、保温性を意識した作りになっているため、ウールやカシミアなどの素材を用いてつくられ、表面は毛羽立っているのが特徴的です。

春夏用のストール生地

春夏用のストール生地

秋冬用のストール生地

秋冬用のストール生地

シーズン別でストールをコーディネートに取り入れる際、一番難しいのが時期の変わり目ですが、そのようなときは、次のシーズンに適したストールを巻いている方が周りより一足先におしゃれをしている感じがするのでオススメです。2月の中旬や下旬に暑いときには、春用のストールを巻くといった具合に。くれぐれも、肌寒いのに麻のストールを巻いたりしてフライングしないようお気をつけください。

ストールの長さや特徴を知った上で適切な巻き方を決める

ストールはサイズによって、できない巻き方もあるため、どのようなコーディネートにどのようなストールを使うかで巻き方も決まってきます。既にお持ちのストールが細いタイプなのかどうなのか、生地は薄手なのかどうなのかといったように、ストールの特性を知った上で巻くようにしましょう。ストールの巻き方ページを見ていただければ、ストールの特性にあった巻き方をご提案しているので是非参考にしてみてください。